業者が利益を得る仕組み

お金

依頼するときに重要な理解

不動産経営をするときに家賃債務保証を依頼するかどうかで悩んだら、業者がどのようにして利益を得ているのかを理解しておくのが賢明です。通常は経営者側は費用的な負担がないのが家賃債務保証の特徴であり、入居する人が保証料を支払うことになります。基本的なシステムとして初回契約時と契約更新時に保証料を支払うようになっていて、初回契約時には家賃の20%から100%、契約更新時には20%から40%程度あるいは一万円から二万円程度の定額というのが一般的です。この保証料を入居者から徴収することによって業者は利益を得ています。家賃債務保証を依頼するとオーナーは家賃の滞納があったときに業者に払ってもらうことができ、入居者は滞納をしてもある程度の期間までは本来払うべき家賃と同じ金額を業者に対して収めれば良いという形になっています。保証料以外には通常は入居者にも費用負担がかかることがなく、連帯保証人が立てられないときに重宝する仕組みとして利用が広まっているのが現状です。業者によって保証料に違いがありますが、主な原因となっているのは徴収に対する費用のかけ方の差と、家賃債務保証以外の保証の手厚さです。家賃を滞納した入居者に対して無料のコンサルティングサービスを提供している業者もありますが、その人件費を考えると保証料を高くしなければならないでしょう。一方、保証内容として明け渡しや原状回復、孤独死などにも対応している場合にはそれだけ業者側の費用負担が大きくなり、保証料も上がる傾向があります。