不動産投資ならマンション

玩具の家

ミドルリスク・ミドルリターンのマンション投資なら、初心者でも取り組みやすいです。それにインカムゲインもキャピタルゲインも両方魅力的です。それに投資資金が少ないとしても、場合によっては不動産投資信託という選択肢もあります。

入居者数を維持する方法

レディ

入居者数を維持することがマンション管理では重要な点です。退去があるときには速やかに入居者募集を不動産会社に行ってもらい、退去後には速やかに次の入居をできるように手配します。また、日常的な対応や入居者との関係樹立も重要です。

委託のメリットと注意点

マンション

管理の負担をなくせる委託

横浜でマンションなどを貸す場合は管理業務が欠かせません。大家さん自身で行うこともできますが、横浜では多くの方が不動産会社に賃貸管理を委託しています。仲介業務と管理業務は別で、1社に任せることも別会社に任せるのも大家さんの自由です。賃貸管理業務を大きく分けると「入居者管理」と「建物管理」の2つとなります。横浜では不動産会社によって業務内容は違いますので、どのような業務を任せたいのかしっかりと整理してから業者選びに取り掛かりましょう。不動産会社が行ってくれる入居者管理の内容は、賃料集金代行や賃料滞納への対応です。加えて賃料保証や苦情対応、契約更新業務などの業務も行ってくれます。特に賃料を滞納している入居者に家賃の取り立てに伺うという仕事は気の重いものですし、手間も時間もかかります。こうした問題に対処してくれるのは精神的に楽で、しかも賃料を保証してくれる業者であればさらにストレスを回避できます。それから、苦情対応に関しては入居者からの苦情だけでなく横浜市民と入居者のトラブルにも対応してくれることが多く安心です。そして建物管理の業務は、日常的な業務、退去に関わる業務、長期的な業務などです。日常的な業務では派遣した管理人による清掃や巡回、退去に関わる業務では退去後のクリーニングや修繕などの手配、長期的な業務では長期修繕計画や予算計画作成などを行います。賃貸管理業務には法規制がありませんので、業務内容は希望に沿っているか、適切な委託費かをよく確認して契約を交わしましょう。もし途中で不動産会社とトラブルが発生した場合は賃貸管理契約書が要となります。

業者が利益を得る仕組み

お金

業者に家賃債務保証を依頼するときに知っておくと良いのは、業者の利益は通常は入居者から受け取る保証料だけだということです。業者による保証料に違いは主に徴収時の費用のかけ方と他の保証の手厚さに由来しています。